しかつきかふぇ

ちょっとした休憩時間に

流れ降る星の雨音 〜燐〜 006『青い海の底に眠る猫の涙』

 ここは八景島と呼ばれるだだっ広い公園のような場所。夜に予約したレストランからも近く……はない。
 何か特別なものがあるかと聞かれると、水族館とジェットコースターくらいなものか。だけどお金がないなど言われてしまうと、他に何をすればいいのだろうと思わないことない。

 月香は『一度ここに来てみたかった』って言うんだ。海が見たかったとか、そういう理由だろうか。でもそれなら山下公園でもよかったのでは。そういえば月香と初めて出逢ったのもその付近だった気がする。

「なぁ月香。あの日はなんで横浜にいたんだ?」
「え、いつのこと?」

 青い空と青い海を背景に、月香は僕の声に振り返る。一瞬にして背景と同化してしまい、月香の姿は一枚の美しい絵として完成された。やはり月香にはぱっと人を惹き込むような存在感がある。

「ほら。僕と月香が出逢った初めての日のこと」
「それって……入学式の日のこと? そんな日に横浜なんて行ったかなぁ〜?」
「入学式!?」

 だけど素っ頓狂なことを言うもんだから、僕は思わず大声を上げてしまう。月香はそもそも転校生だし、同じ日に同じ場所で入学式を迎えた記憶なんて、僕には当然なかったからだ。

「ああ、そっか。リッキーが私にセクハラした日のことか!」
「そ、そうかもしれないけど、その表現はどうにかならないのか?」
「だって事実じゃん」

 そうくすくすと笑い始めた。確かにそれが出逢いとは、最悪の記憶だな。

「あの日も本当は海まで行く予定だったんだよね」
「海まで……?」
「そう。海の中まで」

 瞳の色が深く、海の底へと沈んでいく。まるで海の中に見たことのない獲物があって、それを狙う狩人の顔に近いかもしれない。手を伸ばせば届かないものなんて何もないと思うのに、だけどそれでも手を伸ばそうとするのが月香というやつだろう。

「だけどね、途中でめんどくさくなって海まで行くのは諦めたんだ」
「途中で、諦めたの?」
「……で、気がついたら街中でリッキーにセクハラされてたと。それってなんか私らしくないよね?」
「ごめん今の話の流れって結局僕の扱いどういう立ち位置なのか全然わからなかったんだけど!」

 彼女は何もかもを笑顔で覆い隠し、それはいつもの月香に戻ってきたことを意味している。

「あ〜あ。こんな日がずっと続けばいいのにな〜」

 まるで諦めることが必然で、だけどその顔に後悔とかはないようにも思えたんだ。

続きを読む

流れ降る星の雨音 〜燐〜 005『月と賄賂と猫の箱』

 暦も六月に入り、だけど天気はまだ雨がたまに降るくらいで、梅雨入りしたという話も聞いてない。
 月香は『最近雨降らないね』とご機嫌斜めだった。どうしてそれが不機嫌になる理由なのかと僕も頭を捻るしかないけど、そんな曇り空の帰り道に甘くない災難が降り注いだんだ。
 今日もいつもどおり月香と帰宅するつもりが、校門を出たタイミングで陽川に呼び止められたんだ。

「ごめんね。前から上郷君とは話がしたいと思ってたのだけど……」
「ああ、月香のことですね。あいつ常にあんな感じなんで、気にしないでください」

 突然『二人きりで話がしたい』と切り出してきたものだから、当然横にいた月香が黙ってなかったわけで。

「でも前から気になってたのだけど、上郷君と津山さんって付き合ってるの?」
「ないです。あいつが勝手に付きまとってるだけで」
「付きまとってる……?」

 陽川はやや納得の行かない表情を浮かべたが、本当にそれしか答えようがないのだからどうしようもない。さっきだって陽川に連れ去られる僕の背中に『なにそれ不倫じゃん! この裏切り者〜!!』とそんな言葉を投げ捨てていたけど、諸々鑑みて、月香は不倫という言葉の意味を理解してるのだろうか。
 ちなみに僕の軟禁先、もとい、陽川に連れ去られた場所というのは、横浜駅近くのビルの最上階にあるいかにもな高級レストランだった。陽川曰く、『ここなら邪魔者も絶対入ってこれないから』という理由らしいけど、明らかに高校生の男女二人で来る店ではない。そういえば陽川って事務所社長の一人娘だったな。

「本当はもう少し前に二人で話をしたかったのだけど、上郷君いつも津山さんと一緒だから」
「すみません、あいつ本当に僕から離れようとしなくて、少し困ってるんです」
「でもあんな可愛い子、上郷君は悪い気はしないんじゃないの?」
「まぁ悪い気はしないのですけど……」

 どっちかというと、月香の性格の方にドン引きしてる。顔は確かに悪くないのだけどな。

「あの、それより僕にお話というのは?」
「あ、うん。それね。実は上郷くんに相談があって……」

 ただ相談内容というのは大方想像ついていた。一応確認の意味も込めて、僕は陽川に尋ねたんだ。

「津山さんを芸能界でデビューさせたい……と言ったら、上郷君は協力してくれるかな?」

 やっぱりか。だけどそれって……。
 そもそも周囲から見て僕は、月香のなんだと思われてるんだろうね、本当に。

続きを読む

流れ降る星の雨音 〜燐〜 004『シュレディンガーの猫の逃亡』

 ここは僕の部屋。月香がうちに寝泊まりするようになってから、二週間が経った。
 時間は五月下旬の夕方。下校中の帰り道はほんの僅かに小雨が降っていた。もうすぐ梅雨の季節がやってくると思うと、やや気が重くなる。だけど隣を歩いていた月香は『私は雨が大好きだよ』なんて言うんだ。理由はただなんとなくらしい。漠然としすぎているけど、それは少し羨ましくも感じてしまう。

「あ、三人のライブ配信、始まったみたいだよ」
「…………」

 今日はアイドルユニット『虹色ゴシップ』の生ライブ、第一回目の配信日だ。コンセプトは先日月香が提案したとおりで、三人の日常を撮ること。あの三人の日常と言えばいつも喧嘩ばかりで正直不安しかないけど、とりあえずリーダーの陽川と、撮影係の隼斗がうまくまとめてくれるだろう。……多分。
 本来なら僕と月香もプロモーション補佐係として、撮影スタッフのお仕事をするはずだったのだが……。

「ところでリッキーの方は勉強進んでる?」
「そう心配してくれるんならわざわざ僕の部屋で動画を観るのはやめてくれないか?」
「だめだよ。今日の私はリッキーの先生役なんだから」
「あの先生。あなた僕の邪魔するばかりで何一つ教えてくれてませんよね!??」

 残念なことに、先週行われた英語の中間テストで僕は見事赤点を取ってしまったのだ。おかげで明日は追試を受けることになり、撮影は隼斗に全て任せることになってしまった。挙句に隼人は、この困った先生を僕にしっかり押し付けてきたわけで。

「だってリッキーがどこわからないのか全然わからないんだもん」
「……ほんとそれどういうこと!??」

 ちなみに月香の英語の得点は、百点満点だった。全教科をひっくるめても、学年一位というやつらしい。何が釈然としないって、一緒に暮らしてるはずの月香が勉強している姿を僕は一切目撃していないという点。つまりこいつはまともな勉強なしで学年一位とか、頭おかしいとしか言いようがない。

 ああ。神様はどうしてこうも世の中不平等な世界を創り出すのだろうね、全く。

続きを読む

流れ降る星の雨音 〜燐〜 003『レンズの向こう側に映る光らない星々』

 『虹色ゴシップ』専属プロモーション補佐係。それが僕と月香に任された仕事だった。

 それは一体どこの学校の何を世話する生き物係だろうと思わないこともなかった。そもそも『虹色ゴシップ』ってなんだ!?ってところから始まり、デビュー前のアイドルグループのことだと聞かされる。しかもメンバーには、僕の隣のクラスの陽川遥華に、僕と同じクラスの月夜野楓もいるんだとか。あとひとりは現在新人声優として絶賛売出し中の緑川碧海がいて、つまりは女子高生三人組のアイドルユニットらしい。

 どうしてこんなことにとも思いつつ、スタジオでダンスレッスンをする三人を眺めながら、この後始まる『虹色ゴシップをどう売り出すか?』という議題について考えていた。

「ふふっ。なんだかみんな楽しそうだね〜」

 だけど僕の隣で同じ視線で観察しているはずの月香の小言に、僕は少しだけ違和感を持ったんだ。

「……なぁ。月香はあのグループの中に加わって、一緒に踊りたいとか思わないのか?」
「え、なんで?」

 なんで?と来たか。予想とは少しばかり違う反応で、僕はやや躊躇する。いつもなら『もちろんやってみたい』とか『めんどくさからやだ』とか、素直で率直な反応がまず第一にやってくると思っていたから。

「あの三人の中に月香がいても、お前なら埋もれることなくやっていけそうな気がしたから」
「絶対嫌っ。私にアイドルなんてできっこないよ」

 ……いやさすがにそこまで強い否定が来るとも思ってなかったけど。

「絶対ってことないだろ。月香だって、芸能界にいてもおかしくない程度には可愛いと思うし」
「え、なにそれ。私に告白?」
「全然そうは言ってないんだが!?」
「ふふっ。……そうじゃなくってね、私にアイドルは天と地がひっくり返っても無理だもん」

 なぜかその口調は、アイドル以外だったら何でもできるみたいに聞こえなくもなかった。月香の場合、それが何故か考え過ぎとも思えないのが本当に恐ろしいところだけど。

「人を愛せない人が、人から愛されるはずないって」

 だけど人に聞かせる気がない程度の小さな声で、確かにそんなことを言った気がしたんだ。
 一体誰のことを言っているのか、少し考えてみても何とも結びつかなかったわけで。

続きを読む

流れ降る星の雨音 〜燐〜 002『月と太陽と星の光』

 翌朝から、僕はその彼女を連れて、一緒に学校へ登校することになった。
 彼女と言っても特に付き合ってるわけではないし、どちらかというと家と学校が同じだから別々に登校する理由がないという話だ。正直、僕は満面に咲き誇ってる花と一緒に歩いてるような気がして、やや気恥ずかしい。ちなみに彼女は家を出る際、最後までつば付きの紺色の帽子を被るべきか悩んでいたみたいだけど、結局それは家に置いていったようだ。確かにない方が似合ってるし、それはいいのだけど。

 学校に着くと、彼女は事務手続きを済ましてくると一人で職員室へ向かい、僕はいつもどおり教室へ向かった。というか、そもそも初めて来る学校の職員室なんて彼女は場所がわかるのだろうか? もっともそれに気づいたのは別れた後だったので、まぁいいかと再び教室ヘ向かったわけだけど。

「なぁ。隼斗に折り入って相談があるんだけど……」
「なんだよ急に」

 むしろ彼女のいない隙にと、僕は中学からの同級生である月島隼斗に声をかけた。

「前に話してたバイトって、今も募集してたりしないか?」
「バイトはしないつもりじゃなかったのか?」
「いや、しないつもりだったんだけど、急にする用事ができちゃって」
「え、なになに? リッキー、バイト始めるの?」

 が、いない隙どころか、彼女はとっとと職員室の用事を済ませ、既にこの教室にいたりして。

「理月。こいつ、誰だ?」
「ああ、昨日からうちで預かってる月香って言う女子。なんと今日からクラスメイトらしい」

 隼斗は少し考え込んでいた。まぁ突然こんな調子の女子がクラスメイトと言われたところで、そうなる気持ちもわからなくもない。

「は!? 月香!?? ヒロカ。これはどういうことかちゃんと説明して!!」

 そこへ唐突に現れ、声を荒らげたのはやはり同じクラスの女子だった。名前は確か、星乃宮楓だっけ?

「えっ? ……あ〜、ていうか正直私もよくわかってないから、説明のしようがないんだけどなぁ〜」

 月香は星乃宮の大声にも大して驚きもせずそう返すけど、そもそもヒロカってどこの誰だよ!?

続きを読む

流れ降る星の雨音 〜燐〜 001『シュレディンガーの猫の鳴き声』

 そもそも僕はどうして横浜にいたのだろう?
 帰りの東海道線でなんとか思い出そうと試みるも、どうしても思い出せなかったんだ。何かがふわっと浮かんできて、またすぐにすっと消える感じ。それが二十分くらい繰り返されたところで、気づくと電車は自宅の最寄り駅である藤沢駅へと到着していた。

「ねぇ見て。この服かわいいでしょ?」
「…………」

 そしてどういうわけか彼女の生活用品一式も、全て自宅に届いていた。にしても彼女の服がダンボール一箱分に詰められた状況はさすがに少なすぎるだろとも思ったが、『服なんて必要な分で十分でしょ』などと返ってくる始末で、正直多くの意味でわけがわからない。

「ああ。ここから下は下着みたいだからリッキーは絶対覗いちゃダメ!!」
「そう思うんなら最初からここで開けるなよ」

 彼女は慌てて両手を広げ、身体全体でダンボール箱に蓋をする。そもそも僕の部屋でそんな箱の開封の儀なんてしてほしくないってのが本当の本音ってやつだけど。

「そもそも、ツ……月香の部屋はさっき母さんがあっちだって教えてくれただろ」
「いいじゃん。だって、初めて来る男子の家に女子一人とかめっちゃ寂しいと思わない?」
「だからってわざわざ僕の部屋で自分の服の整理なんてしなくてもいいだろ」
「だってこの箱にどんな服が入ってるかなんて知らないし、だったら二人で開けた方が楽しいでしょ?」
「って、これお前が自分で詰めた箱じゃないのかよ!?」
「ん〜……、複雑に言うと私もよくわからないけど、有り体に言うとそんな感じ?」
「それ複雑でも有り体でもどっちでもなくないか!!?」

 にしても相変わらず話が噛み合わない。彼女は自分のこと『津山じゃなくて月香って呼んで』の一点張りで、女子の下の名前を呼ぶ経験なんてもちろんなかった僕には、どうにもやりにくい。そのくせ彼女は『月香』と呼ばれることに大変満足しているようで、こっちの気持ちなんて完全にお構いなしのようだ。
 そのくせ話の内容はどうにもちぐはぐで、確かに彼女は僕の家に住むことにはなっていた。どうやら母さんが知人から少しの間だけ世話してほしいと紹介されたのが彼女だったらしく、彼女の荷物も僕の家の空いてた部屋へ無造作に積まれていたんだ。が、話はそれだけで、彼女の方はその辺りまるで聞いてなかったらしく、挙句に自分で詰めたはずの箱に何が入っているのかなど、全く記憶にないようなのだ。

「ねぇ。そんなことよりさ、リッキーって好きな人いるの?」

 そんな迷い猫のような彼女から唐突にこんなこと聞かれたら、僕は思わず吹き出すしかなかったわけで。

続きを読む

流れ降る星の雨音 〜燐〜 Prologue

 これがもう一つの時間が流れ始めた瞬間だった。

 あまりにも一瞬の出来事で、本当に何が起きたのかわからなかったんだ。気がつくと僕の両腕に彼女の体重がずしりとのしかかっていて、徐々に痛みさえ伴ってくる。いや、彼女の身体が重いとかそんなことはなくて、見た目通り華奢な身体で、ただし出るところはしっかり出てるというか、彼女の生暖かい体温がその柔らかい胸部から僕の前腕に伝わってくるんだ。
 そもそもどうしてこんな格好になっているんだ? 彼女はどこかから飛んできて、僕は慌ててキャッチしただけ。やっと彼女の身体を支えている。どことどこが触れているとかあまり考えたくもないけど。

 僕の耳に響いていたクラクションの音が微かに残り、そのまま消えていった。

「…………」

 沈黙。彼女の身体を落とさないようなんとか彼女の顔を覗き込むと、彼女自身も何が起きたのかわからない様子だった。それにしてもなんて顔をしているのだろう。辺りは暗くぱっと見では気づかなかったけど、電灯に照らされた黒髪の彼女は間違えなく美人で、どこか神々しささえ感じてしまう。

「……って、ちょっと?」
「は、はい? なんでしょう???」

 どうやらようやく彼女も正気を取り戻したらしい。

「……じゃなくて、どこ触っているのよ!!!!」

 もちろん正気を取り戻したということは、こういう文句の一つや二つ言われることも当然かもしれない。けど僕にとっては不誠実極まりない罵りであるように思うんだ。

 今にも星が降りそうな五月の夜空の下、降ってきたのはとてつもなく美人な彼女だったわけで。

続きを読む